〒300-0033 茨城県土浦市川口1-10-17

お問い合わせ TEL:029-821-3426

土浦 歯科【田中歯科医院】 - 歯周病(歯槽膿漏)治療やインプラント治療・審美歯科(ホワイトニング)などご相談下さい。

歯周病

HOME»  歯周病

歯周病の概要・原因

生活習慣病の1つである歯周病は、歯の周りの組織(歯肉や歯槽骨)に起こる病気のことで、35歳以上の80%以上が罹患しているといわれています。
原因は歯周病菌によって引き起こされる細菌感染症です。
サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と言って痛みなどの自覚症状がなく、症状が出た時にはすでにかなり進行し手遅れというような場合もあります。
また歯周病は単に口の中の病気ではなく、心臓や脳の病気・肺炎など様々な病気を引き起こす可能性があります。
まずは歯周病を正しく知り、適切な治療をすることが大切です。

歯周病の症状

健康な歯肉
  • 歯ぐきがピンク色
  • 歯ぐきが引き締まっている
歯肉炎
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ブラシの時、血が出る時がある
歯周炎
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ブラシの時、血が出る時がある
  • 口臭が気になる
  • 歯が動く
  • ウミが出る
  • 歯ぐきが下がる

※これは症状の目安です。歯周炎であってもすべての症状がでるとは限りません。

顕微鏡

歯周病の原因は細菌感染です。
ブラッシング不足や歯石が原因で発赤した歯肉の中(歯周ポケット)にはかなり活動性の高い歯周病菌がいます。
当院では顕微鏡を用いて歯周ポケット内の細菌の種類や数、活動性を調べ歯周病治療を進めています。

歯周病治療の手順

  1. 歯肉や歯槽骨(歯の周りの骨)の状態を、歯周組織検査やレントゲン検査で詳しく調べます。
  2. 歯周病の進行状態は患者様一人一人違うため、その方に適したブラッシング指導を行います。
  3. その後、歯面清掃や歯石除去を行い、どのくらいの改善がみられたか再度歯周組織検査を行います。
  4. 改善がみられない場所は、ハグキの中の細かい歯石を取ったり、薬を利用して改善をはかります。

予防歯科

歯周病治療できれいになった歯ぐきは、維持することが大切です。概要でも説明したように、悪くなっても症状に出にくいのが歯周病の困ったところです。
“しっかり歯を磨いているのに“ というのが患者様からよく聞く言葉です。
当院では、虫歯、歯周病治療が終了した患者様の定期検診を行っています。
そのほか小児の虫歯予防処置等も行っています。
また、虫歯・歯周病予防のオーラルケアー用品も多数揃えており、あなたに合ったものをお選びいたします。

エムドゲインゲル

歯周病が進行すると歯の周囲の歯槽骨が吸収してなくなっていきます。

以前はなくなった歯槽骨は元にはもどらないとされてきましたが最近は新しい治療法や薬剤が開発されてきています。
歯周病でなくなった歯槽骨の一部を再生する事を可能にしたのはエムドゲインゲルを利用した治療法です。

このエムドゲインゲルの主成分は歯の生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種であるエナメルマトリックスデリバティブ(EMD)です。このEMDは歯周組織を形成するのに関与することが多くの研究からわかり幼若ブタの歯胚から注出精製(加熱製剤)され、世界30国以上で使用され安全性は確立しています。

このエムドゲインゲルをなくなった歯槽骨の部分の歯根に塗布することで歯槽骨の再生をはかります。しかし歯周病でなくなった全ての歯槽骨を再生できるものではなく適応があります。また適切な治療法を学んだ歯科医師のみが使用できるものでもあります。

PAGE TOP